赤ら顔カバーの化粧下地にイエローは合う?

赤ら顔とは、頬に細かな血管が見えるなどが理由で顔が赤みを帯びている状態が続く症状。原因は色々あるようですが、表皮の毛細血管が拡張しているケースや乾燥によってバリア機能が低下した肌が炎症を起こして生じるケース、ニキビなどの炎症が要因して肌そものもが赤くなるケースなどが代表的です。

一般的に、赤ら顔を自然な状態にしてくれる色はグリーンやイエローがおすすめです。化粧下地にはコントロール色などを含めて色が付いているタイプが多く、中でも赤ら顔の人はグリーンやイエローベージュを使うのが基本。グリーンは赤の補色になるカラーで、肌に重ねることで赤みを打ち消す効果を期待できますし、赤みを抑えるだけでなく透明感もアップするなどの魅力もありおすすめです。

ただし、顔全体に塗ると顔色が悪く見えてしまうこともありますし、全体的にグレーのような色合いに見えてしまうこともあるなど赤みのある部分を狙って重ねるのなどのテクニックが必要です。イエローベージュの場合は、肌の色ムラを解消して健康的な顔に変えることができるメリットを持ちます。

イエローベースはグリーン下地が浮きやすいケースも多いのでイエローをおすすめします。この場合は、顔全体に使用しても良いですし色ムラがカバーされるだけでなく均一な肌に導きます。

ちなみに、赤ら顔の化粧下地で使わない方が良いのはホワイトとピンクです。こちらの赤ら顔関連記事でも、やはりピンクの下地はNGとのエピソードがありました。

化粧下地なら何でも良いなどのように考える人もいるかと思われますが、ホワイトやピンクなどの下地を使うと赤ら顔が目立ってしまいますしファンデーションも同じでピンク系のアイテムは赤みを強調させる作用があるので控えましょう。

化粧下地を選ぶときには自分の肌質に合うものを選ぶようにするのもコツ。肌質に合わないものを選んでしまうと見栄えが悪くなるだけでなく、肌状態が悪くなることもあるので十分注意しましょう。乾燥肌などの場合は保湿効果を持つ化粧下地を使うのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。